「木」をテーマに。

木をテーマに写真を撮り続けている。とは言っても、4年前の冬からだ。
仕事で十勝に出張した際、真っ白な地平線にカラマツの防風林が一直線にならんでいてその見え方が素敵で、写真を撮り、HPに掲載した。十勝では見慣れた防風林なのだが、そこはちょうど少しだけ丘になっているせいで、少し手前の道路からカメラで覗くと、防風林の向こうは「抜けて」何も写らない。写真というよりは、絵画、版画の構図にぴったりだった。学生時代、版画(セリグラフ)を専攻していたこともあって、こういう画角が好きなのかもしれない。そんな写真を撮り残していたのだが、十勝のShopの依頼で、1800×300mmの壁面パネルを作ることになった。shopの名前にあわせて、「木をテーマ」してみては?と提案して、四季を通して「十勝の木」を追いかけることにしたのだ。写真というよりは版画的に。ファブリックにプリントされたようなイメージにしたかったので、PCで余分な(自分の想いに近づける)データを飛ばし、フィルターを重ねてゆく。夏編はこんな感じ。
実際にはもっと横長なんだけれど、HPの画角に合わせるとこんな感じ。
2013.08.26- papa@tanaka-mail to:papas-design@lion.ocn.ne.jp