銀のすずコンサート『木彫りのオオカミ」
たくさんの方にご来場いただき無事終わりました。
聞きに来てくださった方、見守ってくださった方ありがとうございます。
「銀のすず」は子どもたちを中心に地域の方々にクラシック音楽の楽しさや素晴らしさを身近に感じてほしい…と願い、訪問コンサートを中心に活動する音楽グループ。もう、18年になります。
得意とするのは音楽物語…お話と音楽のコラボ。
今回は、私たちの初めてのオリジナル作品なのです。
北の国ノルウェーの作曲家グリーグの音楽と、北の先住民族アイヌの民話が一つになりました。
これがまた、北国の物同士絶妙なマッチングになりました。
次回のコンサートは 6月19日(日)・神楽公民館の音楽ホールきらりんで開催できることになりました。
詳しい事は近くになりましたらご案内します。
今回は初演と言う事で小さなハプニングは色々ありましたが、私たちなりに手応えを感じています。
応援、ありがとうございました。

mama(たなかちずこ) 2011.3.1